Ms.OOJA公開録音

今日は公開録音!
約一年ぶりにMs.OOJAが
メインプレイスにやってきます!

今シネマQで公開中の「天の茶助」の主題歌
「翼」を、映画館のすぐ隣で
映画を観てから、
生で聴ける贅沢なチャンスですよ~!

おじゃさんの生歌はいつ聴いても
本当に素晴らしく感動しまくります。
今日も心癒される
ステキな時間になること間違いナシです!
ぜひ会場に足を運んでください!

今日6月28日(日)
夕方6時半~
シネマQ前特設会場にて
お待ちしています~!!!livepleasuremsooja1506_mt

Info 2015.06.28

初、末吉宮

いつかやる、を今やる
キャンペーン中!
(勝手にひとりで(笑)

長年ずーっと
行きたくて行けなかった
末吉宮。

行けなかった主な理由は、

・探しても地図が見当たらず
(公園に掲げてあるヒジョーにザックリとした地図のみ。)

・そして自分は極度の方向音痴

・足場が悪い。

・・・だったのですが、

登山靴を買い、
「足場」の問題がクリアになった途端、
出発!となりました。

しかし、
朝から行く気満々で用意をしていたら
物凄い雨が(笑)天気予報も終日雨マーク。

これは呼ばれていないのか?と
諦めかけていたら
お昼からとても良い天気になりGO!

ずーっと眺めるだけだった末吉宮に行ける。
と胸がドキドキ。
とりあえず儀保公園の方から場所を確認!
s10
辿りつけますように!(祈)

しかーし、いざ園内に入るといきなりアクシデントが!!!
トレッキングシューズは石畳に弱い~(泣笑)
コケが濡れて滑るのでへっぴり腰で
普段の倍くらいの時間をかけて手すりにつかまり歩きました(笑)

そして、次のポイントで確認してからは
道中一度も現われない末吉宮!(泣)

とにかく道はわからずともまず登る事に!
s12
本格登山に比べ、なだらかな階段に安堵(笑)

そして登ってから
さっき確認した方向へ進んで行こうとすると

ん?!?
s14
あっちにもこっちにも
s13
道が分かれている!
しかも、道の先がどこも真っ暗!!!

標識を探してみるも
s11
こんなのばかり(泣)

ということで、
普段滅多に使わない
野生の勘を頼りにひたすら進みました。

何がある訳でないのに
何も無いことが本当に怖かったです。

そしてやっと大きな道ぽいところに辿り着きました。
燦々と太陽が見えるだけでやっぱりホッとします。

だけどまた道が分かれている・・・(泣)

s7
s8
あともう少し進めば辿りつくはず。
ひたすら祈りながら進みます。

この前名護岳を登った時にも感じましたが
昔の人は古道を一生懸命登って
きっと時には命がけで
お参りに来ていたのでしょうね。

信仰の場としても
山が崇高な存在であることを改めて感じ、
身が引き締まりました。

そして山の中、
森の中にたったひとりでいることが
こんなにも怖いとは。
これから登山をする上で
決して忘れてはいけないと思いました。

そしてどうにかこうにか到着!
s9s1
今までの恐怖感はどこへやら(笑)

とても穏やかだけどパワー溢れる
素晴らしいお宮です!

眼下に広がる街並みも美しかった!
s

石碑
s2
(末吉宮は、かっての琉球八社の一つで、俗に「社壇」と呼ば れている。尚泰久王代の1456年頃、天界寺住持鶴翁和尚が 熊野三社権現を勧請して奉祀したのにはじまるという。本殿は 三間社流造り本瓦葺きで、前面に向拝を付している。磴道は、 参道を登りつめたところから祭場までの8段、祭場から拝殿跡 までの21段および拝殿跡から本殿までの7段の一連の石造階 段部分をいう。本殿と祭場はそれぞれ別の岩盤の上にあり、両 間は切石積みの石造単拱橋(アーチ橋)で継いでいる。なお、 磴道は昭和46年に修理され、本殿は昭和47年に復元された。
末吉宮の下方には、末吉宮の神宮寺で俗に「末吉の寺」と呼 ばれる遍照寺(もの万寿寺)の跡がある。この寺は山号を大慶 山といい、真言宗に属し、沖縄における神仏混淆の信仰形態を 知るうえで重要な資料である。また、社殿の周囲の崖下には点 々と拝所が設けられ、信仰の対象となっている)

神様たどり着かせてくださり
ありがとうございました!

帰り道は参拝もできたし
さっきまでの恐怖感は嘘のように消え(笑)
s3
凄い怖がってこんなになっていた自分を
自撮りする余裕も
(こんな私の方がよっぽど怖いよね(笑 笑 笑)
s4
そして今回嬉しかったことは
いつもヒ―ヒ―ぜいぜい言いながら登っていたこの階段
__
一段抜かしで登れた!(笑)

確実に脚力ついているのを感じます。
登山最強!

後にFacebookにて
旧正月などには
参拝する人も神社の人もちゃんといること
住宅地の方から入れば
こんな大変な思いをせずに済むことを
教わりました(笑)
今度からはそういう時にそっちから行きます(笑)

でも今回の小さな冒険は
ヒジョーに有難く貴重な体験でした!
感謝!!!

Outdoor 2015.06.24

大家さん

昨日は慰霊の日。

わたしは恥ずかしながら
沖縄に来るまで
沖縄の地上戦のことを
詳しく知りませんでした。

初めて沖縄で迎えた慰霊の日。
同じ敷地内に住む大家さんが
お家に招いてくださいました。

その時、
大家さんはまだ中学生だったこと
お父さんとお兄さんを戦争で亡くされたこと
やんばるまで逃げたこと
命からがら読谷に食糧を探しに行ったこと
手りゅう弾を海に投げ
浮いた魚を獲って食糧にしたことを
話してくださいました。

「あの時もう後は無いと思ったのですよ。
だからその先のことはすべて有難く思っています。」

大家さんのこの言葉で
どれほど大変な道程を経てきたかを知りました。

この日から大家さんの棚にある戦争に関する本を
たくさんお借りしました。

これは一番初めに借りた本です。
この本はまだドル表示でした。
d0146489_1032276d0146489_1033486

この本を大家さんは
どんな思いで読んだのだろうと思うと
胸がつぶれそうになりました。

読んで返す時、
「ここに書いてあることは
ある程度読めるように書いてあるので
事実よりも悲惨ではありません。
事実はこんなものではありません。」
とおっしゃいました。

その後、ありのままの事実を
大家さんの人生と共に
たくさん語ってくださいました。
わたし自身、
家族以外の人生を
こんなにも深く知るのは初めてのことでした。

娘は当時まだ3歳だったけど
幼い頃から
大家さんのお話を聞けたお蔭で
今も戦争をとても身近に感じているようです。

大家さんはその後もわたしたちを
本当の家族のようにかわいがってくださり
娘を孫のように面倒みてくださっています。

歴史を知れば知るほど
本来なら憎まれても当然な我々を
こんなにも大切にしてくださるのは何故?

大家さんに思い切って
そう聞いてみたことがあったのですが、
大家さんは戦後仕事で日本各地に住み、
いろんな人に親切にしてもらったからだと語り、
自分の中に偏見や憎しみは無いとおっしゃいました。

「我々に違いは何もありませんよ。
味噌汁の大きさだけです。」

この言葉を聞いて
涙が止まらなかったのを覚えています。

わたしに出来ることはたったひとつ
県外の親類、友人、知り合いに
大家さんから聞いたお話を
伝え続けていくことだと思っています。
P1010847 (300x225)P1020463 (300x225)

Days 2015.06.24

名護岳登頂!

石川岳に登った時、
二度目のチャレンジは
石川岳の長いコースを
リベンジしようと決めました。

しかし、旦那の休みが直前で変わってしまい、
月曜は石川岳に登れないことが判明。
標高が低く一番楽そうな熱田岳も月曜定休(笑)

・・・ということで更に標高が高い名護岳を
無謀にも目指してみることに!

でもわたしが持っている山の本によれば、
距離が約倍なのに、
かかる時間は石川岳とほぼ変わらずとのこと。
怖がる旦那に(笑)
「きっとこの前よりは楽なはず!」
と説得しチャレンジしてみることにしました!

登山前
(毎度、この後何が起こるかまだ知らない余裕顔(笑)
n
表記のとおり、今回は途中までは
ハイキングコース→その後登山道へと入ります。

ハイキングコースはいきなりロープなどもなく(笑)
それだけでテンションが上がりました(笑)

少しのアップダウンがあるものの、
整備された道なので
鼻歌まじりの余裕っぷり(笑)

途中から沢コースへ行けば、
これまたマイナスイオンたっぷりで
涼しくて最高~!
n6
n4

景色を眺めながら散策しました♪

ヒカゲヘゴ
n2
中の新芽は巨大ワラビのようで
何と食べられるらしい。
レース模様の葉っぱがとてもキレイ。
n5n9
ゴルフボールのようなキノコ(笑)
n1
びっしり!(笑)
n7
なめくじはこんなデカさ!(笑)
n8
キレイな色のリュウキュウハグロトンボ、
初めて見ました!
n20
ヤンバルセンニンソウ
カワイイ~!
n18

沢コースはどんどん下に降りて行ったので
そこを抜ければ登ることは覚悟していましたが
下から見上げればゴールがわからない程の段

n21
段(泣)
n11
また段(泣)
n15
とにかく登ったり下ったりが果てしなく続きます。
最初は下るのが楽しかったですが、
下る分登ることがわかれば
下るのもだんだんに恐怖になってきました(笑)
n16
n17
次第に休憩も増えていきます(笑)

アップダウンを抜ければ、
いよいよ登山道へ。
何故かトンボもついてきてくれました(笑)
n19

そこからは容赦ない急勾配の嵐!!!

n12

股が裂けるか?くらいの開脚っぷりです(笑)

n23

n25

顔がずっと自動的にムンク状態(笑 笑 笑)

そして、登りに登ってようやく山頂へ!!!(涙)

sanchon13
喜びのあまり(笑 笑 笑)

素晴らしいパノラマです!!!
n14

今回は山頂に日陰が無いので
すぐに先ほどとは違うコースを下山!

しかし、ここでまた何故か登り階段が何度か現れ
見るだけで暫く固まりました(笑)

・・・しかも
後ろを振り返ると旦那がいない(笑)
(ガソリン切れの様子)
何度も何度も待って進んで
ようやくもう一息!

最後のフィニッシュはこんな狭い道でした(笑)
n22

見た事のない植物や生きものにたくさん会えたし
アップダウンや景色もドラマティックで
ますます登山の虜になってしまいました!(笑)

そして登山後はまた(笑)
n24
金武の田芋ジューシーの美味しさよ~(泣)

しかし、これだけではまだ足りず(笑)
今帰仁すいかと
おっぱ岳のソフトクリームも頬張りました。
登山後の食べ物の美味しさは格別です!

帰ってきたそばから
登りたくてウズウズ状態(笑)
次が早くも楽しみです♪♪♪

Outdoor 2015.06.17

初・沖縄で山登り!

末吉ウォーキングで勢いがつき(笑)
登山に挑戦してみました!

登山経験は、
たまたま登山好きの高校(笑)
に通っていたことや
登山好きな人が傍に居た経緯から
結構な回数登っていて、
2000m以上の山も2回登っています。

・・・が、
山登りの達人のブログで
「登山の厳しさは標高ではないことを
沖縄の山が教えてくれました。」
のひとことを見つけ、
内心ビビりまくりでした∑(゚Д゚)

・・・そして、
現実は想像を遥かに超えた!(笑)
沖縄の山はホント凄かったデス!!!

今回は初心者向けとの情報を頼りに
石川岳を目指しました。

3コースあるうちのBコース
(2時間~3時間)
を選択した我々。

「初めてならAでもいいですけど」
と事務所の方がおっしゃった理由が
後からわかることに(笑)

出発前、まだ笑える余裕が(笑)

ishikawa19

そしてその直後、いきなりここ?!?∑(゚Д゚)

ishikawa20

今までの経験では・・・
最初遊歩道のようなところを余裕で歩き、
途中から徐々に険しくなっていくパターンが殆どでした。

なので、あまりのハードさに
「きっと道間違っている!」と
一度引き返しました。

しかし、残念ながら間違いではなく(泣)
結局この急勾配を2回登りました(大泣)

ishikawa6

ishikawa7

ファイト~一発~!!!(大泣)

でも2回目は最初よりスイスイ登れた~!
経験ってステキ☆

すっかり気を良くしたのも束の間、
またまたゼイゼイと登っていけば
そこには!?!

ishikawa23

もう十分に息切れしているのに
この看板
∑(゚Д゚)怖いわ~

勾配も急で大変だけど、
前日雨だったため、
赤土がヒジョーに滑る滑る!
悪路も難所も果てしなく続きます。

isihikawa22

 しかし、
徐々に高くなっていくと
景色が見えテンションが上がる↑↑↑

ishikawa15


そしてしばらくするとやっとコースの分かれ道に到着。

isihikawa16

ヘタレな我々は、明日のことも考え
すんなりAに変更(笑)

だってこの時点でこの状態ですから↓↓↓(笑 笑 笑)

ishikawa17

この後は背丈以上もある藪の中をズンズン進んでいきます!

ishikawa10
ishikawa12

しかし、先ほどまでの勾配を
体が途中から求め始める事態(笑)

何とも物足りずAを選択したことを
激しく後悔しました。
(旦那はそうではなかったみたいですが(笑)

そして頂上へ!!!

お天気も良く絶景でした☆☆☆

ishikawa14

このジューシーの美味しさはきっと忘れない(笑)

ishikawa5

あれこれ寄り道したいわたしをよそに
脇目もふらずとにかくズンズン進む旦那に
山頂でかなり文句を言ったので(笑)
帰りはようやくいろいろと写真も撮れました。

isihikawa21
山菜?
ishikawa16
きのこ
isihikawa18
お花もとてもキレイでした~!ishikawa4
ishikawa8ishikawa9ishikawa
ジャングル道に心も弾み、
沖縄の自然の素晴らしさを大満喫!

そして、
頭の中が空っぽになっていく
気持ちよさは
病みつきになりそうです!

早くも次回のチャレンジを計画中!
待っててね!山!

Outdoor 2015.06.04