想いを伝え続けるということ~金細工またよしにて

今週はうちなーむんがテーマでした。
たくさんのご参加ありがとうございました!

今週、偶然にも金細工またよしを
訪れる機会があったので
何気なく番組のテーマのお話をしたら
ありがたくも又吉健次郎さんが
槌音を録音させてくださいました。

あの音の響き、ラジオで聴いても
とても素敵でしたね。
リスナーさんから反響も
たくさん届きました!

元々ラジオディレクターだった健次郎さん
技を伝承していく
という覚悟を決めたのは
受け継がれた道具と
形あるものを残したいという思いからでした。
(健次郎さんがちょうど40歳の時
今年91歳になられるので
ちょうど50年前に
職人さんになられたことになります!)

目に見えないものを作る
ラジオ制作からの転身は
一見、真逆に見えますが、
形を残すために必要なのは
目には見えないもの=
お父さんが生み出す
金槌の音からの学びでした。

現在も槌音を通じて
お父さまと対話しながら
制作を続けていらっしゃいます。

現在と過去を繋げるリズムと音
ずっとそこに存り、時を見つめてきた道具
伝える情熱を燃やし続ける職人の心

すべてがやさしくて荘厳で
圧倒的なのに、とても穏やかなのは、
守るということの意味、
そしてそれを伝え続けることの尊さを
知っているから。

まずは、歴史を感じる音に耳を澄ませながら
作品の魅力に触れ、
そこに込められた想いを感じることが、
多くの人に伝えていく力になると思います。

かけがえのない大切な沖縄の心が
これからも守られていきますように・・・。

金細工またよし七代目 又吉健次郎さん
本当にありがとうございました

大切な道具を見せてくださっています
これが番組でお話した自然についた模様です!
波の形のように
とても美しいですよね✨
打ち方をやさしく手ほどきしてくださいました。
制作中の健次郎さん
今回は音を録ることに集中していたので
これは前回の写真デス
★動画をアップしたいんですが
やはりやり方がわかりません😢
ジーファーの工程
もめん量りで銀の粒を量り
溶かしていきます
ジーファーと房指輪
結び指輪の工程
★銀がまだ熱いうちに手で結ぶんだそうです
看板犬のカンちゃん♡♡♡
只今読書中!
ジーファーを通じて
沖縄の金細工職人さんの歴史
健次郎さんのご先祖からの歩みを
知ることができる貴重な一冊です!

ホンモノの槌音を聞きに
又吉健次郎さんに
ぜひ会いに行ってみてください。

金細工またよし

目次
閉じる