あれから・・・

4年前、
自分には何も出来ない
無力感に苛まれたのを覚えています。

でもそんな時、

「震災に遭われていない方は
いつもどおりのみなさんの生活を送ってください。」

被災された方のこのひとことでハッとなりました。

その頃の自分は仕事で多忙を極めていて、
娘との時間を殆ど持てていませんでした。
人はいつ死ぬかわからないという現実を突きつけられた時に思ったことは、
いつその時が来ても後悔しない人生を送りたい。ということ。

自分の場合、今までどおりではいけない。
生活を変えたい!とその時強く思ったのです。

仕事は生活の為に。ということは大前提ですが、それ以前に、
忙しくなければ、の執着から自分自身が逃れられなかったことに気付きました。
こんなエゴのために一番大切な時間を犠牲にしてきた自分・・・。

震災を機に、
それまで声をかけて頂くものは余程のことが無い限り受けていた仕事をセーブし、
仕事につながるような集まりや飲み会にも顔を出さなくなりました。

身体を壊したことがきっかけでしたが、
お酒を辞めることができたのもこの年でした。

自然に逆らうことなく、
無理なく自分のペースで生きられるようになった今、
仕事に対する気持ちも180°様変わりしました。
欲張らなくなったら、
本当に自分を必要としてくれるものが見えるようになりました。
大切なものさえ確かに見えていれば、
人は迷わずしっかり立っていられるのだと気づきました。

驚くほどに生活も気持ちも激変し、今に至るのは、
3.11から得た自分なりの教訓です。

命を頂き、今こうして生きていることを感謝し、精一杯毎日を生きる事。

自分に出来ることを全うすることを、4年経ったこの日も、心に誓います。IMG_0081

Days/ 2015.03.11